%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-03-19-27-11

2017年の箱根駅伝は終わってみれば、
青山学院大学が総合優勝。
見事3連覇。

層が厚い。
2位の東洋大学に7分以上の差をつけました。
お見事としか言いようがありません。

7区で田村選手が脱水症状になりピンチ。
それでも1キロ4分以内で走れたので、それほど大きな影響にはならず。
往路だけではなく復路にも速いランナーが揃っているのが青学の強さ。
あっぱれです。

早稲田大学は粒ぞろいでしたが、エース級のランナーがいないのが残念なところ。
一気にまくれるだけの選手がいませんでしたね。

駒澤大学はホッとしたことでしょう。
あれだけの強豪校でも波に乗れないとシード権すら失うことになります。

神奈川大学、中央学院大学は頑張りました。
日体大も強かった。

 1位:青学大 11時間4分10秒
 2位:東洋大 +7分21秒
 3位:早大 +8分16秒
 4位:順大 +8分32秒
 5位:神奈川大 +10分49秒
 6位:中央学院大 +11分15秒
 7位:日体大 +11分29秒
 8位:法大 +11分47秒
 9位:駒大 +12分3秒
10位:東海大 +12分50秒
※以上がシード権獲得
11位:帝京大 +16分14秒
12位:創価大 +16分27秒
13位:大東大 +19分35秒
14位:拓大 +20分12秒
15位:上武大 +20分35秒
16位:国学院大 +24分34秒
17位:明大 +25分7秒
18位:山梨学院大 +25分7秒
19位:日大 +分 秒
オープン +26分28秒
20位:国士舘大 +45分8秒