2017年埼玉国際マラソンの結果です。

日本人最高の順位は岩出玲亜選手の5位。
残念ながら東京五輪選考会(MGC)を兼ねている大会でしたが、
基準となる2時間29分以内を満たすことができませんでした。

 1位:チェイエチ ダニエル(ケニア) 2時間28分39秒
 2位:シタヤ ハブテゲブレル(バーレーン) 2時間28分42秒
 3位:Bekelech Daba 2時間30分06秒
 4位:シャーロット パデュー(イギリス) 2時間30分06秒
 5位:岩出 玲亜(ドーム) 2時間31分10秒

 9位:内山真由美(ニトリ) 2時間41分27秒
10位:下村紫織(コモディイイダ) 2時間43分50秒
12位:吉田香織(TEAM RL) 2時間46分50秒

 

優勝したチェイエチ ダニエル選手は昨年に続いて2連覇。
最後の最後までどちらが勝つかわかりませんでした。
ラストスパートをかけて3秒差での優勝。



岩出玲亜選手は17キロ過ぎまで先頭集団を引っ張っていました。
積極性のあるレースに可能性と魅力を感じましたので、
今回は残念でしたが東京オリンピックの有力候補になってほしいです。

 


そして、埼玉県庁の川内優輝さんも出場していましたね。
見事、優勝!

同日に女子駅伝も開催されていて、東京オリンピック選考会と女子駅伝はどちらが大事なの?
ともっともなことをインタビューで応えていました。