埼玉県庁の川内優輝選手は頑固ですね。
それ以上に陸連に対する不満などもあるのでしょう。

ロンドンで開催される世界選手権のミーティングの際、
リーダーを務める瀬古利彦さんから東京オリンピックの参加の促しに対し、
頑なに拒否したとのことです。

川内選手は世界選手権を最後に代表を引退する決意は変わらず。

誰もが東京オリンピックを目指しているわけではない

と力説し瀬古さんをタジタジました。

川内選手の走りは見ていて楽しいだけに代表引退は寂しいです。