川内優輝 ボストンマラソン

埼玉県庁所属の公務員ランナーである川内優輝さんが快挙。
ボストンマラソンで優勝しました。
瀬古利彦さん以来、31年ぶりの優勝だそうです。
タイムは2時間15分58秒。

平凡なタイムのように感じますが、気温とかの条件を鑑みるとこのタイムでもすごいんでしょう。

川内優輝さんといえば、確か昨年の世界選手権で代表は引退したはず。

なので、日本を背負うことなく自分のため、市民ランナーのために走っていることなんでしょうか??

しかし、ボストンマラソンの優勝がすごいだけでなく、東京オリンピックを目指す大迫傑さんよりも順位が高い。
まさに快挙です。

ホント、魅力的なランナーだとつくづく感じます。

次の目標はなんなのか?
東京オリンピックはめざさないのか?

ますます目が離せなくなってしまいました!

常識破りの川内優輝マラソンメソッド

長野県強し!都道府県対抗男子駅伝

都道府県対抗男子駅伝は長野県が優勝しました。

3年ぶりだそうです。

あまり馴染みがなくテレビでも観ませんでした。

箱根駅伝で活躍した選手もたくさんいたそうな。

コニカミノルタの神野大地選手や現青山学院大学の下田裕太選手など。

選手一覧を見てみたら一色恭志もいました。

日本は駅伝が好きですねぇ。

スクリーンショット 2017-01-22 22.05.25

検索

楽天・アマゾン



サイトマップ