大迫傑 日本陸連批判

大迫傑選手の日本陸連批判。
ツイッターであげていましたよね。

怒ってほしいですね。
私は当事者ではないので、実際にはわかりません。

けれども大迫選手がなぜ、SNSで発信したか?を考えると、
真実・事実を伝えているのだと推察できます。

選手が発信することは、それなりの理由があるのでしょう。
権力を持つ組織・人は真摯に受け止めてほしいものです。

謝罪するとこは謝罪し、改善すべきことは改善。
当たり前ですよね。

東京マラソン 完走しました。

おそらく最初で最後の東京マラソン。
先週の日曜日に走ってきました。

あのHuluで東京マラソンの様子がアップされています。
そういえば定点カメラで撮影していました。

そういえば、事前エントリーで台場へ行った時、
Huluのイベントスペースもありました。

大迫傑選手は、寒さで棄権してしまいました。
確かに寒かったです。

我々、平民ランナーはスタートまで30分近く待たされますからね。

大迫選手は、スタートの数分前に入ってきて、すぐに走り出します。
箱根駅伝は1月だったのに寒さで体が動かなかったというコメントは。

・・・と思いましたが、本番はMGCですからね。
くれぐれも怪我をしないように!

雨の中、ものすごい人でした。
群衆が嫌いな私は、精神的には辛かったです。
しかも、雨がずっと降っていましたし。

けれども、無事に完走して、メダルをかけてもらった時は、
流石に嬉しかった!

飴と鞭です(笑)

初めての東京マラソン。
いい思い出になりました!

2週間の無料トライアル

この記事は,2019年3月時点の情報です。
現在は配信を終了している場合もあります。
Huluの公式ホームページにて詳細をご確認ください。

チビリンピック

チビリンピック2017が開催されました。
ゲストは、高橋尚子さん、三浦大輔さん、
アニマル浜口さん、平野早矢香さんなど。

そして、私が最も嬉しいのが大迫傑さんです。
ボストンマラソン3位に入って知名度が向上しました。

大迫傑さんはニュースにも取り上げられていました。
東京オリンピックに向けて次のフルマラソンが楽しみです。

大迫傑 2時間5分で走れる!

ボストンマラソン3位入賞で衝撃を与えた大迫傑。

帰国後の記者会見では東京オリンピックは念頭にあると述べましたね。

頼もしい!

今回のボストンマラソンでは、世界歴代4位(2時間3分13秒)のムタイ、同15位(2時間4分28秒)のキトワラ(ともにケニア)を抑えての表彰台でした。

大迫傑の魅力はスピード。

しっかりと練習を積めば2時間5分台も可能との評価もあります。

ということは、東京オリンピックでのメダルは狙えますね。

次のマラソンは注目されます。

やっと出てきた逸材です。

着実に結果を出して欲しいですね。

大迫傑がボストンマラソン3位入賞!

ナイキ・オレゴンプロジェクト所属の大迫傑選手が
ボストンマラソンで3位という快挙。
素晴らしいニュースが入ってきました。
初マラソンで2時間10分28秒という記録。
今後の活躍が楽しみです。
東京オリンピックにも出てほしい。

大迫傑選手といえば、印象深いのが箱根駅伝での2区常連メンバー。
早稲田大学のエースで正月にテレビを観るのが楽しかったです。

フルマラソンでも8分台、7分台を目指して欲しい!

それにしてもやっぱり瀬古利彦さんはすごかった。
ボストンマラソンで優勝しているんですね。
かっこいい!

 

検索

楽天・アマゾン



サイトマップ