【結果】世界陸上 男子マラソン・女子マラソン 

日本時間の8月6日に男子マラソン、女子マラソンが行われました。
男女とも入賞者はいない、厳しい結果となりました。

優勝タイムは平凡だっただけに、日本人選手の低迷状態が浮き彫りになりましたね。

個人的には川内優輝選手の最後のラストスパートには感動しましたけど。
もっと日本代表として走ってほしいところです。

男子代表
 1位 キルイ(ケニア)   :2時間08分27秒
 9位 川内優輝 (埼玉県庁):2時間12分19秒
10位 中本健太郎(安川電機):2時間12分41秒
26位 井上大仁(MHPS) :2時間16分54秒

女子代表
 1位 チェリモ(バーレーン)  :2時間27分11秒
16位 清田真央(スズキ浜松AC):2時間30分36秒
17位 安藤友香(スズキ浜松AC):2時間31分31秒
27位 重友梨佐(天満屋)    :2時間36分03秒

2017年びわ湖毎日マラソンは平凡な結果

世界選手権の代表選考会を兼ねたびわ湖毎日マラソンが3月5日(日)に開催されました。
私の注目選手は青山学院大学の一色恭志選手。

1キロ3分を切るハイペースに付いていけず、徐々に離されていきました。
マラソンの駆け引きは難しいですね。

30キロの時点で棄権しました。
ほろ苦い結果となりました。

 

優勝はケニアのチェピー選手。

同じケニアの選手と競技場でのデットヒートとなりましたが、

ラスト200m位のところで引き離して優勝。

でも優勝タイムは2時間9分台という、平凡な結果でした。

 

 

日本人トップは佐々木悟選手(旭化成)でした。

2時間10分台なので代表に選ばれるかどうか・・・

素人的にみても中盤で離されて、面白くはないレースでした。

男子マラソンは世界レベルには程遠いですね。

 

【結果】リオオリンピック男子マラソン

リオオリンピック男子マラソンが終わりました。
最高順位は佐々木悟の16位。
女子と同様、男子も最高順位が16位と惨敗に終わりました。

代表選手のタイムと順位は下記の通りです。
・佐々木悟(30=旭化成):2時間13分57秒で16位
・石川末広(36=Honda):2時間17分8秒で36位
・北島寿典(31=安川電機):2時間25分11秒で94位。

・滝崎邦明(猫ひろし)(39=カンボジア):2時間45分55秒で139位